キャリアアップのため

資格を取得する目的というのは、人それぞれ違いますよね。最近の経済ニュースや保険関係の記事で、よく名前を耳にすることも多いフィナンシャルプランナーの人たちは、いったいどんな目的でこの資格を取得したのでしょうか?フィナンシャルプランナーが加入する協会が発表した資料によれば、最も多い理由はキャリアアップのためだということです。この資格を持っていることが社内での昇進の条件になっていたり、あるいは転職で有利になるとのことです。

金融や不動産に興味があったから

フィナンシャルプランナーというのは、株や投資信託などの金融商品についての知識や、不動産や保険、そして相続や税金など幅広い分野の知識が必要とされています。そのため、資格をとるための勉強をしているうちに、自然と様々な分野についての理解が進むというメリットもあるんです。自分の仕事とは直接関係のないいろいろな事柄を学んでみたいから、フィナンシャルプランナーの勉強をしているという人もかなりの数に上るんです。

会社から資格をとるように言われたからという意見も

自分の意思でフィナンシャルプランナーの試験を受けたのではなく、会社からの命令で受験をしたという人も少なくはありません。実際にフィナンシャルプランナーの試験が行われる会場には、スーツ姿のサラリーマンやOLさんたちがバスに乗って団体でやってくる光景が見られます。銀行や保険会社などでは職場単位でまとめて受験をするようにしているため、会場までの社員の送迎を行っているんです。それほど業務に欠かすことができないほど大切な資格だということですよね。

cfpとはカーボンフットプリントのことを指し、製品が原材料の調達から生産、利用、廃棄に至るまでの間に排出される二酸化炭素の排出量を数字で表したものです。