あいさつを忘れない接客をする

接客業の基本的なことと言えば、お客さんへのあいさつで、いらっしゃいませ、ありがとうございました、と言ったあいさつがあるのとないのとでは大違いです。気持ちの良いあいさつがあると、また利用したいと思ってもらえるものです。なお、あいさつをする際に気を付けたいのは、ただ言うだけにならないことです。仕事だから仕方なく言っている、と言った印象を与えてしまったらよくありません。また、お客さんによってあいさつする人としない人が出てしまうと、区別されたと感じて嫌な気持ちになる人もいます。

笑顔を忘れない接客をする

接客業の基本であるあいさつと並んで重要になってくるものと言えば、笑顔です。無表情で無愛想な接客をされるよりは、笑顔で接してもらった方が気持ちが良いに決まっています。笑顔と言うのは、相手に安心感を与えるもので、お客さんが快適な時間を過ごすことにつながる大切なものです。なお、作り笑いと言うのは独特のぎこちなさがあり、かえって落ち着かない場合がありますから注意が必要です。おもてなしの精神を忘れず、自分の気持ちが安定していれば、自然な笑顔になれるものです。

衛生面に気を付けておく

接客業と言うのは、人と人との関係性が大事なのはもちろんですが、人と物との関係性も重要なものです。例えば、飲食店に行ってテーブルが汚れていたり、メニュー表が汚れていたり、テーブルの下にゴミが落ちていたりすると、気分が下がるものです。お店の中をきれいな状態に保つことで、お客さんは気持ち良く利用することができますから、さまざまな部分に意識を向けてきれいにしておく癖づけは、基本でもあり、大切なことでもあります。こういったことも大事な接客の一つです。

就業規則は労働時間や給料など会社とその会社で働く人との間で決められた規則です。10人以上の会社の従業員がいる職場は作成の義務があります。